AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

永住ビザをドブに捨てた過去③ ビザ復活

このエントリーをはてなブックマークに追加

永住ビザが失効する日を私は普段通り過ごした。

次にやることはすでに決めていた。

もう一度、Skilled Independent Visaを取り直そうと思っていたのである。

間もなく、「めんどくさ」と思いながら私はIELTSの準備をやり始めた。

 

ここで話は急展開する。

経緯は省略するが、私は日本の会社を去ることに決めた。

とある出来事を契機に、そこでの責任を果たしたと確信したからである。

「オーストラリアに移住する」と宣言して辞表を叩きつけたものの、実はその時点でビザを取れる保証はなかった。

だからもし失敗していたら、「オーストラリアに移住すると言って辞めたのにオーストラリアに行けなかった痛い人」になっていただろう。

 

Resident Return Visa

Skilled Independent Visaを取り直す準備をしていたとき、オーストラリア政府のサイトで重大な記述を発見した。

「過去5年中2年以上の居住を満たせなかった場合でも、Resident Return Visa(一種の永住ビザ)が発行される場合がある」というものだ。

その条件とは?

「オーストラリアとビジネス上のつながりがあることを示せ」

 

ビジネス上のつながり

これはどういう場合を想定しているのだろうか?

最もありそうなのは、

  • 元々オーストラリア企業で働いていたが、海外転勤になり3年以上戻らなかった。
  • 元々オーストラリアでビジネスをやっていたが、何らかの事情があって母国に帰った。ビジネスの経営は他の人に任せている。

等である。

 

一方、私が主張できそうな「ビジネス上のつながり」は、

  • 日本の企業で働いているが、自分が開発した製品はオーストラリアでも売られている。
  • オーストラリア事務所のマネジャーにマーケティング用の情報を提供していた。
  • 私の名前でオーストラリアで特許申請している。

等であった。どうだろう? 苦しいこじつけだろうか?

 

合否は審査官の裁量次第

この際のResident Return Visaの合否は審査官の裁量で決まる。

証拠資料と作文によって審査官を説得しなければならない。

 

またも正月休みを使って私は作文を書いた。(退職届は出していたがまだ会社に所属していた。)

以前より英作文の技術は上がっていたが、念には念を入れて、オンライン英会話のフィリピン人講師に添削してもらった。

そして関連書類を集めてビザを申請した。

丁か半か?

賽は投げられた。

 

日本国が求める移民

ところで日本国が求める移民として、高度人材という大袈裟な言葉がある。

オーストラリアを参考にしたのだろう、これもポイント制である。

ただし、もっと選り好みが激しい。

70点が合格点なのだが、特許を一件持っていると15~20点も加算される。

(特許にもピンキリがあって、苦し紛れな特許や申請して後で取り下げる場合もある。)

仮にそういった人物に需要があるのなら、オーストラリアは私にビザを与えるべきだ。

頼むよオーストラリアさん、しばらく疎遠にしてたけど、これからはもっとつながろうよ!

 

かくして私は永住ビザを復活せしめた

一週間後、結果のメールが来た。

Visa Grant

私はホッと胸を撫でおろした。

ビザのない状態で辞表を叩きつけ、二週間ほどでビザをゲットしたことになる。

 

ところがまたもや、すぐには移住しなかった。

与えられたResident Return Visaの入国有効期限(一年間)ギリギリ、海外旅行しまくったのである。

そしてもう当分旅行はしたくないとお腹一杯になってから、シドニーに移住して来た。

前にシドニーを去ってからちょうど10年経っていた。