AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

ほぼ確実に2億円貯める方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

シドニーでの典型的な会話(2017年頃)…

 

友人A「投資用物件を買おうと思うんだけど、オーストラリアの不動産ってめっちゃ高いよね?」

友人B「高いかもしれないけど、長期的には儲かると思うよ」

私  「無理して不動産投資なんかしなくてもSalary Sacrificeで節税した方が確実…」

友人C「長期的には儲かるはずだから、無理してでも買った方がいいよ」

私  「長期で見るならSuperの方が…」

友人A「決めた! 今から買いに行くわ!」

 

私がこれから紹介する「2億円貯める方法」には、運や特別な才能は一切必要ない。

時間を要するが、凡人にでも可能な方法である。

 

乗り越えるべき最も高い壁――それはオーストラリアに移住して、平均的な収入が得られる職をゲットすることだ。

また、それに加えて協力者が一人必要だ。

それさえクリアすれば、あなたがマルチミリオネアに仲間入りするのも時間の問題である。

 

驚愕のリターン(Salary Sacrifice+Superannuation 合わせ技)

オーストラリアにおけるフルタイムの平均給与は83700ドル(670万円程度)であり、その場合、会社がSuperannuationの口座(年金口座)に60万円相当を追加で積み立てる。

 

過去記事「羨ましすぎるオーストラリアの年金②」において、Superannuationファンドの長期的なリターンを示した。

 

また、自己負担で140万円追加することにより、年間27万円ほど節税可能であることを、過去記事「毎年確実に27万円節税する方法」で紹介した。

 

それらを組み合わせ、毎年200万円(会社負担60万円+自己負担140万円)積み立てた場合のリターンを計算する。

 

条件1(9%)

1豪ドル=80円(購買力平価による理論値)

期間:25年(35歳~60歳、移住して来て平均的な収入を得るのが35歳くらいと想定)

年平均利回り:9%(過去記事「羨ましすぎるオーストラリアの年金②」参照)

 

f:id:aulab:20190625183359j:plain

25年後には1.25億円(1億2500万円)に達することが分かる。

実際には、これに毎年27万円の節税効果も加算される。

27 × 25 = 675万円 浮かせたことになるから、足して1億3150万円である。

 

さて、冒頭で私は、協力者が必要と述べた。

つまりあなたのパートナー(配偶者)だ。

 

パートナーが同じことをやれば単純に二倍、2億6300万円になる。

しかし子育て等で、どちらかが仕事から離れたりすることもあるだろう。

 

だがオーストラリアは労働環境が整っているので、子育てしながらでも働きやすい。

私の職場の二児の母は、週5日中、3日だけ会社に来る、という働き方をしている。

 

パートタイムでも何でもいいが、上の例から3/5という数字を引用すると

1億3150万円 × 3/5 を稼ぎ出すとすれば7890万円になる。

したがって合計すると2億1千万円達成である。

 

さて、この妄想?の一番のツッコミどころは年平均9%のリターンだろう。

しかし1985年設立のファンドの34年平均が9.68%だ。

―そんなバカな!

と思う人は日本のデフレマインドに侵されている。

 

条件2(6%)

とは言え、実のところ私自身も9%という設定は楽観的すぎる気もしている。

だから念のため年利6%の場合もシミュレーションしてみる。

ただしこの場合は、例えば32歳~62歳というように、5年長く働く設定だ。

(そもそも最初の設定が短すぎるのだ。)

 

 f:id:aulab:20190625183916j:plain 

 

複利計算サイトによる結果は30年後に1億1946万円だ。

27 × 30 = 810万円が節税で浮くわけなので足すと1億2756万円になる。

これに3/5を掛けるとパートナー分は7654万円になり、足すと2億410万円達成である。

 

手取りは幾ら?

さて、二人がかりでSuperannuationに全力投入して、生活費は十分に残るかという疑問が残る。

 

フルタイムの平均的な給与83700ドル(670万円程度)から、最大限 Salary Sacrificeした場合の手取りは52110ドル程度で、これにパートナー分を足すと

52110ドル + 52110ドル × 3/5

= 83376ドル(約667万円)

となり、一月あたり6948ドル(約55万6千円)である。

また、節税した分は貯蓄に回したことにしたから(2億円の方に入れたから)、その分を差し引くと、自由に使えるのは

6667ドル(約53万3千円)となる。

 

オーストラリアにおける平均的な生活費

とある住宅ローンのサイトによると、4人家族で 月5378ドル だそうである。

これには住宅ローンの返済額も含まれている。

(住宅ローンの返済額は、賃貸した場合に支払う額と似たようなものだ。)

 

したがって、6667ドル >> 5,378ドル であるから、あなたは十分セレブな?生活が送れる。

(どの都市に住むかでかなり違うが…)

 

2億円はその後も増えていく

Superannuation口座に貯めた2億円はその後も増えていく。

年9%なら税引き後のリターンは1530万円で、

年6%でも税引き後のリターンは1020万円だ。

 

そろそろあなたは皮算用し始めたことだろう。

何のことやら分からずにSuperannuationに自己負担で投入するのも不安だろうから、ファンドのリターンを支えている株やREITが値上がりするメカニズムを過去記事「株価が上がる原理」で解説しておいた。

 

退屈すぎる投資 

タイトルを「2億円貯める方法」にしたから、それを達成できるように数字をこねくり回したが、私が言いたいことは、この方法が強力な運用手法だということだ。

 

だから極端なことをするのを推奨しているわけではない。

余裕のある範囲で実践するといいだろう。

(わたしはもちろん全力投入×2だが。)

 

しかしこの方法は退屈で地味すぎる。

こんな投資法を普段の会話で言うと「引かれそう」だから、ずっと誰にも言えずにいた。