AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

羨ましすぎるオーストラリアの年金②

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事「羨ましすぎるオーストラリアの年金①」で、オーストラリアのAge Pensionが国民年金に比べ極めて有利であることを述べた。

今回は積み立て方式のSuperannuationを紹介する。

 

Superannuationは会社が負担

サラリーマンの場合、企業が給料の9.5%分を上乗せしてSuperannuationの口座に積み立てる。

 

例えばあなたの月収が100万円の場合、会社は9万5千円を上乗せしてあなたのSuperannuation口座に振り込むのだ。

 

大手ファンドの運用成績

Superannuationを運用する機関は幾つもあるが、手数料が低いAustralian Superの運用成績を見てみよう。

 

以下、平均年利

1985年設立以来 9.68%

直近10年 7.31%

直近5年 10.51%

直近3年 9.30%

直近1年 11.08%

かなりいい線いっている。

 

ところでオーストラリアにおける平均年収は、ざっくり630万円である。

そうすると会社が積み立てる金額は月々約5万円だ。

これを複利計算してみる。

 

あり得る条件

  1. あなたがオーストラリアに移住して来て、35歳で平均年収630万円の職を得、60歳でリタイヤすることとする。
  2. 年収は630万円で25年間固定。
  3. ファンド設立以来、平均リターン9.68%だったから、手数料を引いて9%が今後もずっと続くと仮定。

(正直、9%が続くと私は信じていない。が、年収は25年変わらないという仮定だから、これくらいは許されるだろう。)

  1. 毎月積み立てられる5万円は15%課税される。よって税引き後の4.25万円が運用される。
  2. Superannuationで得られた利益は毎年15%課税される。

 

f:id:aulab:20190620195433j:plain

結果

複利計算サイトで上記の条件を入れると、次のような結果を得た。

会社が積み立てた総額(税引き後) 1275万円

利益(税引き後) 2936万円

合計 4436万円

25年リターン 196%

 

この4436万円はその後も年利9%で増えていくのである。

こんなうまい話があるのだろうか。

(ちなみに、企業が積み立てている9.5%という数字は今後増えていくように法律で決まっている。)

 

また、Superannuation以外でも、貯金なり投資なり自分で好きにすればいいのだ。

過去の記事で書いた通り、オーストラリアには有利な投資が幾らでもある。

 

日本のニュースは悲観的なものばかりだが、オーストラリアにはお気楽な雰囲気が漂っているのである。