AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

羨ましすぎるオーストラリアの年金①

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事「移民に働かせてビーチでカクテル」で、移民はオーストラリア生まれの人よりも高収入な人の割合が高く、オーストラリア政府は「してやったり」とほくそ笑んでいると紹介した。

その後、私は、彼らがほくそ笑む真の理由をオーストラリアの年金に見出した。

 

オーストラリアの年金は二階建て

オーストラリアの年金は基本的には二階建てである。

① Age Pension  一定年齢に達するだけで貰える(国民年金に相当)

② Superannuation  自分で積み立てる(確定拠出型年金ぽい感じ)

 

①のAge Pensionが国民年金と決定的に違うところは、保険料を支払わなくても受給できる点だ。

と言っても通常は税金によって間接的に支払っているわけだが、極端な話、ずーっと収入がなくて一円(1セント)も納税しなかったとしても年齢に達すれば満額貰える。

 

満額貰える条件

「持ち家なしの単身者」の場合、「資産が約3500万円より少ない」ことが条件だ。

あなたは満額貰えそうだろうか?

きっと難しいに違いない。

そういう人のために、オーストラリアのマネー雑誌では、「どうやって散財してできるだけ多く年金を貰うか」みたいな特集をやっていたりする。

 

Age Pension の満額

持ち家なし 単身者   約15万円/月

持ち家なし カップル  約22万7千円/月

 

となる。ピンと来ないだろうか?

日本の国民年金(満額)と比べれば圧倒的だ。

 

一人当たり  6万5千円/月

 

国民年金の利回り(支払った額に対するリターン)は1%前後らしいが、オーストラリアのAge Pensionの利回りは無限大だ。

これは、移民政策によって生産年齢人口(納税者)を調整しているからこそ成り立つのである。

 

増加傾向の年金資産

おまけにAge Pensionの財源は増え続けている。

WHY AUSTRALIA BENCHMARK REPORT 2019から引用する。

f:id:aulab:20190619201222j:plain

日本では年金資産(対GDP)が減少している

2007年 66%  2017年 63%

のに対し、オーストラリアでは

2007年 114%  2017年 138%

と増加している。

(GDPに対し数値が大きいのは「潤沢」であることを意味する。)

 

くどいようだがこれは、移民政策によって生産年齢人口(納税者)を調整しているからこそ成り立つのである。

 

増えていく財源を見て、制度の設計者はニヤリとしたに違いない。

これで年金は100年安心だ」と。