AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

英語を話せないのには理由がある①

このエントリーをはてなブックマークに追加

同僚のオージーによると、

日本人は英語一番下手よね

そしてそれよりちょっとマシなのが韓国人、とのことだ。

 

痛いところを突くものだ。

「本人の前でよくもズケズケと」と思ったが、本人の前だからこそ悪気はないのかもしれない。

客観的事実を述べただけ、といったところだろう。

そして悲しい哉、その認識は私が日頃感じていることと全く同じなのである。

 

語学学校でも、日本人は最も喋れないグループに属する。

文法や単語に多少詳しかったとしても、喋りにおいては他国からの学生の後塵を拝する。

流暢に話す中国人はよく見かけるが、それと同レベルの日本人には滅多にお目にかからない。

 

これは一体どういう訳だろう?

そこでGoogleに訊いてみることにする。

英語が話せない根本的な理由

Most difficult language もしくは Hardest language で検索するのである。

 

つまり英語話者にとって最も難しい言語は何かという問いだ。

 

幾つもの研究?結果があるが、日本語は常に上位のグループに入る。

https://theculturetrip.com/asia/japan/articles/the-10-most-difficult-languages-in-the-world/

このサイトでは以下のように明言している。

 

According to the Foreign Service Institute,

Japanese is the most difficult language for a native English speaker to learn.

中略

If you meet a native English speaker who learned Japanese to any degree of proficiency, give him or her a pat on the back.

「もし日本語を習っている人に会ったら、背中を軽く叩いて(労って)あげよう」

と締めくくっている。(笑)

 

Vice versa 「逆もまた真なり」である。

 

英語の文法構造が日本語と丸っきり異なるから、日本人にとって英語はとてつもなく難しいのだ。

(いろいろ考察があるが、文法の問題だと私は信じる。それについてはまた後日。)

あなたが(わたしも)英語を上手く話せないのは当たり前なのである。