AUらぼ

オーストラリアを知り、移住・留学を成功させるためのブログ

オーストラリアでは猫も杓子も不動産投資 ③

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産とは無縁だった人

シドニーの職場に、40代前半のやたらとハイテンションなオージー女性がいた。

白人女性でときどき出くわす、「その元気はどこから湧いてくるの?」という感じのキャラだ。

慎ましかった彼女

私とは、可能性のありそうなスモールビジネスについて話をしたものだ。

「何だって挑戦できるよね? なんでこんなところで働いてるの?」

彼女の仕事は梱包作業のような単純労働だった。

私には不思議だったのだ。

 

私の発言(↑)は、彼女の交際相手の資金を当てにしたものだった。

彼女はドイツ銀行シドニー支店の支店長?的な人物と交際(同棲)していたのだ。

問題視されているドイツ銀行だが、「腐っても鯛」である。

 

彼女は答えたものだ。

「だって自立していたいから」

彼女の財布はお手製だった。ビーズや刺繍をあしらった、自作によるものだった。

そういった慎ましさを私は好意的に受け取っていた。

その財布は少なくともユニークだし、創作的な趣味だ。 

絵に描いたような玉の輿

やがて彼女はドイツ銀行の彼と婚約し、私に煌びやかなエンゲージリングを見せびらかした。

(ちなみに私は彼女と同世代の男性である。)

そして、Bronte Beachを望む現在のアパートを売って、やはりBronteにある別の物件に引っ越すことにしたという。

 

数週間の準備期間の後、彼女らはそれを売却した。

3ミリオン以上で。シドニー不動産市場のピークのピークだった。

元々の購入価格は忘れてしまったが、軽く1ミリオンほど儲けたことは確かだ。

買った相手は同業種、つまり金融系の知った名前だったと言う。

 

その後、彼女は会社を辞めたが、辞める直前には新車のベンツで通勤するようになっていた。

私と話したスモールビジネスは何だったのか。

嘘のような本当の話である。